HOME>ホットトピックス>金融車で憧れの高級車が手に入る!賢くお得に利用しよう

金融車で憧れの高級車が手に入る!賢くお得に利用しよう

キーボード

金融車ってどういうもの?

金融車とは、その車の持ち主がローン返済ができなくなって担保として入れられている車のことをいいます。ローン返済が残っているため、名義変更はされませんが、憧れの高級車などを比較的安く購入できます。「それって乗っても大丈夫なの?」と感じた方もいるかとは思いますが、金融車は違法ではありませんのでご安心ください。安く高級者に乗りたいと考えている方は是非1度、金融車のことを知ってみてはいががでしょうか。

中古車と金融車の違いって?

金融車

車の持ち主がローン返済中で担保に入れられているので、金融車は名義変更ができませんが、その分高級車を安くで手に入れ乗れるというメリットがあります。中古車の値段に比べると高級車が市場の4~5割で安く購入できます。

中古車

中古車は、持ち主の事情で売却された車のことをいいます。名義を自分名義に変更できます。値段は車の状態や走行距離などによって変わってきます。中古車でも高級車であれば高値でやり取りされることもあります。

初めて購入する方は知っておこう!賢く選ぶための3つのポイント

車

安全な車なのか確認する

購入を考えている金融車が、盗難車ではないかをしっかりと確認しておきましょう。後々トラブルや問題にならないかをしっかりと自身で見極めることが大切です。きちんと使用者の任意売却が取れているか確認して、その書類も見せてもらいましょう。

騙されていないか気をつける

金融車の購入を考えている方は、手付金詐欺という悪質な手口にも気をつけましょう。ほしい金融車が見つかって、連絡を入れると「事前に手付金が必要になります」といった詐欺の方法もあります。その際はきちんと車両を見せてもらいましょう。

放置違反の確認

放置違反による滞納金がある場合は、それを納めなければ車検証を発行してもらえません。そういったことを知らずに購入してしまうと、トラブルが自分に降りかかってしまいます。ですから、滞納金がないかの調査をしっかりと取っているか、購入先に確認しておきましょう。